梱包作業をする

新しい家に引っ越す日が決まり、引越し業者も決まると、いよいよ荷造りを始めなければいけませんよね。
引越し作業の中でこの梱包作業が一番嫌だという人は多いのではないでしょうか。
確かに、大変な作業ですよね。
簡単に梱包作業は終わると思っていたものの、やり始めてみるとかなりの量があり疲れてしまうということはよくあります。
一人暮らしで一見物が少なく思えても、実際に梱包作業をしてみると思った以上に物があるという場合がほとんどなのです。
ですから、梱包作業というのは効率よくやらなければいけません。
どのようにすれば効率よくできるのでしょうか。
重要なのは梱包する順番です。
普段使っていない物から順番に梱包するのは重要なポイントです。
手当たり次第に梱包を始めてしまうと引越しの前日や当日に使うものまで梱包してしまう可能性がありますよね。
そうすると引越し前日や当日に大慌てで探すことになります。
さらに、梱包作業をするときにはそれぞれの段ボールに何が入っているかを自分がわかるようにしておく必要があるでしょう。
太めのマジックペンを用意しておいて段ボールの見えるところに書いておくというのも良いですね。
さらに、割れ物などの梱包作業は慎重にするようにしましょう。
お皿などを梱包する時は一枚一枚新聞紙に包むと良いでしょう。
ガラスものだからといって布団などと一緒にするのはやめましょう。
隙間などから落ちて割れてしまう危険があるからです。